沖縄 > 奄美大島

大島海峡の穏やかな海を楽しみながらサイクリングをしよう

最寄駅: なし

3 時間コース
Coquelicot さん
2017/11/03
今回の紹介ルート:
瀬相フェリー待合所
(距離:約4.68 所要時間:約24分)
呑ノ浦(のみのうら)集落
(距離:約1.71 所要時間:約10分)
押角(おしかく)集落
(距離:約3.87 所要時間:約22分)
勝能(かちゆき)集落
(距離:約4.11 所要時間:約20分)
諸数(しょかず)集落
(距離:約1.43 所要時間:約7分)
生間フェリー待合所
概要:
自転車シェアコミュニティ事務局のCoquelicotです。

奄美大島の瀬戸内町役場まちづくり観光課観光係様より、おすすめの自転車ルートを教えて頂きましたのでご紹介いたします。

瀬戸内町の自然はもちろん、歴史や文化を感じられるルートです。
詳細:

出発:瀬相フェリー待合所

自転車シェアリングポート情報:
・ 瀬相フェリー待合所
・最寄り駅:瀬相バス停
・駅からの所要時間:約4分
距離:約4.68km 所要時間:約24分

呑ノ浦(のみのうら)集落

「呑ノ浦(のみのうら)集落」へのアクセス
第十八震洋隊という、海軍特攻隊が配置された呑ノ浦。

「死の棘」など数々の作品を残した作家の島尾敏雄は、敗戦色の濃い中、この地で隊長として特攻の出撃を待ちました。
結局発進の命令が出ないまま終戦を迎えましたが、その極限の体験は彼の文学の基となったといわれています。
その業績を称え、それを記念する「島尾敏雄文学碑」がここにあります(写真上)。

また、震洋隊基地跡もみることができます。
震洋艇とは、ベニヤ張りのボートにトラックのエンジンを積み込み、230kgの炸薬を乗せ敵の艦船に体当たりする特攻兵器です。
復元されたものが格納壕にありますので、歴史の凄まじさを感じとってみてください(写真下)。

住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町呑ノ浦
HP:http://www.setouchi-bunkaisan.com/sima/23
距離:約1.71km 所要時間:約10分

押角(おしかく)集落

「押角(おしかく)集落」へのアクセス
かつては旧鎮西村の役場が置かれ、にぎわいを見せていました。
押角小学校は、島尾敏雄の妻ミホが勤めていた学校です。

ヒカンザクラが覆うように咲いている小道があり、四季折々の草花も楽しめます。

住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町押角
HP:http://www.setouchi-bunkaisan.com/sima/24
距離:約3.87km 所要時間:約22分

勝能(かちゆき)集落

「勝能(かちゆき)集落」へのアクセス
サムネイル
勝能の海沿いを走る道は、波穏やかな大島海峡と、その向こうに古仁屋の街を望むことができます。
明るい内海の穏やかな風景が広がり、視界を遮るものがあまりないため、リゾート気分を味わうサイクリングに最適です!

住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町勝能
HP:http://www.setouchi-bunkaisan.com/sima/25
距離:約4.11km 所要時間:約20分

諸数(しょかず)集落

「諸数(しょかず)集落」へのアクセス
ここは、映画「男はつらいよ」のロケ地にもなりました。

ビーチの入り口には白い外壁のペンションが並んでいて、トロピカルムードを漂わせています。
ビーチは珊瑚の白い砂浜で、波穏やかな海は、シュノーケリングや海水浴に最適ですよ。

住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町諸数
HP:http://www.setouchi-bunkaisan.com/sima/26
距離:約1.43km 所要時間:約7分

到着:生間フェリー待合所

・ 生間フェリー待合所
・最寄り駅:生間バス停
・駅からの所要時間:約1分
瀬戸内町で潮風を感じながら、歴史探訪を満喫してみてください。