「高田馬場跡」へのアクセス!徒歩/自転車/各駅からの時間・料金等を紹介

最寄りの「早稲田駅」からの行き方

最寄り駅は 早稲田駅(路線:都電荒川線,東京メトロ東西線) 住所:東京都新宿区西早稲田一丁目

徒歩で行く場合

所要時間は約6分。距離は約0.4km。

自転車(レンタサイクル)を使う場合

所要時間は約7分
料金は150円(30分以内の利用の場合。この後は30分毎に100円追加)

詳細

・早稲田駅から自転車ポート「甘泉園公園」まで徒歩で約5分

・ポートから「高田馬場跡」まで自転車で約2分


 自転車ポート「甘泉園公園」の詳細はこちら
 (住所:新宿区西早稲田3-5)

タクシーを使う場合

所要時間は約2分
料金は約410円

※初乗運賃(1052mまで410円)、以後237m毎に80円を加える形で計算。

<最寄りの隣接駅からのアクセス>

面影橋駅からの行き方(近隣駅1)

徒歩で行く場合

所要時間は約9分。距離は約0.6km。

自転車(レンタサイクル)を使う場合

所要時間は約4分
料金は150円(30分以内の利用の場合。この後は30分毎に100円追加)

詳細

・面影橋駅から自転車ポート「甘泉園公園」まで徒歩で約2分

・ポートから「高田馬場跡」まで自転車で約2分


 自転車ポート「甘泉園公園」の詳細はこちら
 (住所:新宿区西早稲田3-5)

タクシーを使う場合

所要時間は約2分
料金は約410円

※初乗運賃(1052mまで410円)、以後237m毎に80円を加える形で計算。

学習院下駅からの行き方(近隣駅2)

徒歩で行く場合

所要時間は約15分。距離は約1.1km。

自転車(レンタサイクル)を使う場合

所要時間は約12分
料金は150円(30分以内の利用の場合。この後は30分毎に100円追加)

詳細

・学習院下駅から自転車ポート「西早稲田3丁目」まで徒歩で約9分

・ポートから「高田馬場跡」まで自転車で約3分


 自転車ポート「西早稲田3丁目」の詳細はこちら
 (住所:新宿区西早稲田3-17-37)

タクシーを使う場合

所要時間は約3分
料金は約490円

※初乗運賃(1052mまで410円)、以後237m毎に80円を加える形で計算。

高田馬場跡から行ける観光スポットへのアクセス

<最寄駅と異なる路線の近隣駅を使用する場合>

西早稲田駅からの行き方(異なる路線駅1)

東京メトロ副都心線

徒歩で行く場合

所要時間は約11分。距離は約0.8km。

自転車(レンタサイクル)を使う場合

所要時間は約10分
料金は150円(30分以内の利用の場合。この後は30分毎に100円追加)

詳細

・西早稲田駅から自転車ポート「新宿コズミックセンター」まで徒歩で約5分

・ポートから「高田馬場跡」まで自転車で約5分


 自転車ポート「新宿コズミックセンター」の詳細はこちら
 (住所:東京都新宿区大久保3-1-2)

タクシーを使う場合

所要時間は約3分
料金は約410円

※初乗運賃(1052mまで410円)、以後237m毎に80円を加える形で計算。

<その他主要駅からのアクセス>

新宿駅からの行き方(主要駅からのアクセス1)

最寄駅(早稲田)駅まで電車+徒歩の場合

所要時間は約17分
料金は約310円

詳細

・新宿駅から高田馬場駅まで「JR山手線内回り」で約4分
・高田馬場駅から早稲田駅まで「東京メトロ東西線」で約4分

・「早稲田」駅から「高田馬場跡」まで徒歩で約6分。

自転車(レンタサイクル)を使う場合

所要時間は約17分
料金は150円(30分以内の利用の場合。この後は30分毎に100円追加)

詳細

・新宿駅から自転車ポート「新宿区役所本庁舎」まで徒歩で約5分

・ポートから「高田馬場跡」まで自転車で約12分


 自転車ポート「新宿区役所本庁舎」の詳細はこちら
 (住所:東京都新宿区歌舞伎町1-4-1)

六本木駅からの行き方(主要駅からのアクセス2)

最寄駅(早稲田)駅まで電車+徒歩の場合

所要時間は約39分
料金は約円

詳細

・六本木駅から茅場町駅まで「東京メトロ日比谷線」で約16分
・茅場町駅から早稲田駅まで「東京メトロ東西線」で約14分

・「早稲田」駅から「高田馬場跡」まで徒歩で約6分。

自転車(レンタサイクル)を使う場合

所要時間は約32分
料金は150円(30分以内の利用の場合。この後は30分毎に100円追加)

詳細

・六本木駅から自転車ポート「ザ・ビー六本木」まで徒歩で約4分

・ポートから「高田馬場跡」まで自転車で約28分


 自転車ポート「ザ・ビー六本木」の詳細はこちら
 (住所:港区六本木3-9-8)

高田馬場跡から行ける観光スポットへのアクセス

「高田馬場跡」の口コミ

一度は行きたい名所

スポットの魅力:
★★★
★★★
投稿日:2018/01/25

弓馬の練習場として、明治維新まで馬場がありました。高田馬場という名前は、家康の側室で、高田殿と呼ばれた茶阿の局がこの辺りを好んでいたことに由来するという説があります。

解説板

学べる、感性に響く

スポットの魅力:
★★★
★★★
投稿日:2018/01/25

東西200間、南北215間というから、かなり広範囲に渡って馬場があったようです。毎年10月の第2月曜日(体育の日)には、近くの都立戸山公園(箱根山地区)にて、新宿区指定無形民俗文化財となっている高田馬場流鏑馬(穴八幡宮流鏑馬神事)が行われます。

解説板

「高田馬場跡」を含む観光自転車ルートの一覧